Top > ショートカット

ショートカット Edit

Gimp-2.2~GIMP-2.8ではさまざまなところでショートカットを割り当てることができるようになりましたが、ここでは普通に使っていては気が付かないようなショートカットを紹介します。

便利なショートカット Edit

変化する条件方法変化
画像ウィンドウ上Ctrl-マウスの回転表示倍率の変更
画像ウィンドウ上Shift-マウスの回転横スクロールバーの移動
任意のツールスペースキー移動ツールに切り替わる
任意の描画ツールCtrlキー色スポイトツールに切り替わる
任意の描画ツールAlt-マウスの回転描画不透明度の変更
任意のツールCtrl+Shift-マウスの回転ブラシの変更
任意のツールShift+Alt-マウスの回転パターンの変更
任意のツールCtrl-Alt-マウスの回転グラデーションの変更
任意のツールCtrl+Shift+Alt-マウスの回転フォントの変更
  • GIMPのイメージウィンドウをアクティブにしてTabキーを押すとイメージウィンドウ以外のウィンドウを非表示にできる、再度Tabキーを押すと表示できる。
  • 移動ツールでは Shift キーを押すことで中のイメージに関係なくアクティブな画像を移動させることができる。
  • 移動ツールでは移動したいレイヤー等をクリックして←↑↓→をクリックすると1ピクセルずつ移動できる。
  • Ctrl キーを押しながら Tab キーで、アクティブなレイヤーを順番に切り替えられる。 (Shift 追加で逆順に)
  • Ctrl+Tキーで選択範囲の表示非表示が出来る。(選択はされたままです)
  • 選択範囲の外側を選択ツールでクリックすると選択を解除できる。
  • Ctrlキーを押しながらレイヤーマスクをクリックすると、マスクを無効に出来る。
  • Shiftキーを押しながらレイヤーウィンドウの目のアイコンをクリックするとクリックしたレイヤー以外のレイヤーを表示、非表示に出来る。
  • Escキーで編集中の矩形選択、楕円選択、電脳はさみ、回転、拡大・縮小、せん断変形、遠近法ツールの取り消しが出来る。
  • Back Spaceキーを押すと自由選択ツールで一つ前の作業に戻れる。
  • Back Spaceキーを押すとパスを終了せずにパスの最後のアンカーを削除してラインを接続を止められる。
  • パスのラインをクリックしてBack Spaceキーを押すとラインを挟む2つのアンカーが削除される。
  • マウスホイールを押してマウスポインターを動かすとキャンバスを移動出来る。
  • スペースキーを押しながらマウスポインターを動かすとキャンバスを移動出来る。

GIMP2.8で追加されたショートカット

  • Alt+数字 キーを押すと画像を切り替える。
    又はCtrl+PageUp キー、Ctrl+PageDown キー
  • Alt キーを押しながらレイヤーダイアログ上でレイヤーをクリックするとレイヤーの不透明部分を選択範囲に出来る。
    既存の選択範囲に「追加統合」するには Shift+Alt キー、「共通部分」を得るには Ctrl+Shift+Alt キー

Diff Freeze Rename Backup   RSS of recent changes
Last-modified: (1512d)