Top > GIMP 2.6の主な変更点

GIMP 2.6 の主な変更点 Edit

GIMP 2.6の主な変更点の紹介です。(GIMP 2.6 Release Notesの抄訳です)

ユーザーインターフェース Edit

ツールボックスのメニューバーを廃止 Edit

ツールボックスのメニューバーが廃止され、画像ウインドウのメニューバーと統合されました。画像を開いていなくても空のウインドウが表示されます。

ツールボックスとドックとユーティリティウインドウ Edit

画像の外枠境界外にスペース領域 Edit

画像の端からスクロールできるようになりました。ツールボックスなどで画像の境界部分が覆い隠されていても、画像をスクロールすればOK。(スペースキーを押しながらマウス操作でもスクロールします)

小さな変更 Edit

  • 画像ウインドウの「ダイアログメニュー」を「ウインドウメニュー」に名称変更。
  • 最近閉じたドックのリストを記憶、復活させることができます。
  • Windowsにおいて、すでに実行中のGIMPインスタンスで画像を開くようにしました。
  • 画像表示の拡大縮小率を直接ステータスバーに入力することができます。
  • GIMPヘルプパッケージがインストールされていなければ、オンラインヘルプを表示します。
  • ドックのタブを任意の位置のままで、移動できないようにロックが可能になりました。

ツール、フィルタ、プラグイン Edit

自由選択ツールの改良 Edit

この続きは、どなたか追記してくさるようお願いします。

GIMP 2.6の過去のリリース Edit

  • 2009-02-15:2.6.5
  • 2009-01-01:2.6.4
  • 2008-11-22:2.6.3
  • 2008-10-30:2.6.2
  • 2008-10-09:2.6.1

Diff Freeze Rename Backup   RSS of recent changes
Last-modified: (3822d)