Top > The GIMPの開発ブランチ

The GIMPの開発ブランチ Edit

http://developer.gimp.org/NEWS


GNU Image Manipulation Program
Development Branch


これは The GIMP の開発ブランチです。いつの日か GIMP 2.4 として
リリースされるであろうものに行われた事柄を記述している場所です。

Changes in GIMP 2.3.16
======================

  • 壊れたドライバのためにXOR色を変更可能にした
  • メニューエントリーの存在しないプロシージャに対してキーボードショートカットを割り当てられるようにした
  • データエディタのプレビュー領域の高さを変更できるようにした
  • TGAプラグインのファイル検出を改善
  • ブラシ拡大縮小のコードを改善したことにより、拡大もできるようになった
  • 標準的なPixmapブラシをパラメーター付きのものに変換した
  • ズームツールの挙動を改善した
  • D-Busのメソッドはsuccessかfailureかを示す返り値を持つようになった
  • メニューのツールチップを追加
  • プロシージャが呼び出し元のディスプレイIDを要求できるようになった
  • GTK+ >= 2.10.6に依存するようになり、GTK+ 2.10の新機能をいくつか使用するようになる
  • 新規画像として開くため、コマンドライン上でファイル名を渡せるようにした
  • さまざまな最適化
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.15
======================

  • 矩形ツールにキーボードコントロールを追加し、ツールオプションを改善した
  • Win32におけるコンソールハンドリングを改良
  • Win32でも2Gを超える大きなXCFファイルに対応
  • 内部アンドゥシステムの手直し
  • 画像ファイルだけでなく、通常ファイルの上書き時にも確認を行う
  • "ズームを戻す"機能を追加
  • GimpStringComboBoxウィジェットをlibgimpwidgetsに追加
  • Linux InputデバイスのホットプラグのためのHALサポートを追加
  • スクリーンショットプラグインに装飾ウィンドウのサポートを追加
  • 不完全PNGファイルの取り扱いを改善
  • 活動している貢献者と休止している貢献者とに分類した
  • Win32でDirectInputコントローラーのためのモジュールを追加
  • 変換ツールの高速化
  • ツールキャンセルのフレームワークを改善
  • 選択→枠の挙動を修正して、「画像のエッジに吸い付く」オプションを追加
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.14
======================

  • ブラシ間隔をコントロールするアクションを追加
  • イメージウィンドウの外観を平坦にした
  • ブラシのスケールを変えた時にブラシ間隔も変わるようにした
  • ツールプリセットを変更したらその設定を保存する
  • Python bindingsのベクトルの扱いを改善
  • 変形ツールの結果を自動切抜きできるようにした
  • GimpRatioEntryウィジェットを追加し、これを矩形ツールのオプションで使う
  • プレビュー座標とイメージ座標を変換するための関数を追加
  • display, drawable, image, vector IDを検証するPDB関数を追加
  • 合成・分解プラグインにHSLカラーモデルを追加
  • ステータスバーのツールメッセージをさらに改善
  • D-Busシステムではgimp-remoteの機能はgimp実行ファイルに組み込まれる
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.13
======================

  • 画像プロパティダイアログで埋め込みカラープロファイルの情報を表示
  • 読み込み時にカラープロファイルを適用できるようにした(まだ進行中)
  • 古いパスAPIを新しいベクトルPDB APIに置き換えた
  • 「アンチエイリアス」プラグインを線画アンチエイリアスのために追加
  • 編集→フェード操作を追加
  • 矩形選択ツールに角丸めオプションを追加
  • WinIconプラグインを改良(24bitとVistaアイコンが読み込み保存可能に)
  • gimp-tiny-fu統合; Script-Fu SchemeインタープリタをTinySchemeに置き換え
  • 拡大縮小とリサイズダイアログで単位と補間方法を記憶しておく
  • デフォルトの補間方法をキュービックに変更
  • 画像プロパティダイアログでコメント表示
  • イメージをレイヤーとして読み込むとき、レイヤーを統合しない
  • 実験的なパレットカラーセレクタモジュールを追加
  • イメージに一致しないサムネイルは保存しない
  • より使いやすいように、ツールハンドルの大きさを大きくした
  • ツールオプションのブラシスケーリングを改良(まだダウンスケールのみ)
  • 埋め込みパスをTIFFファイルにインポート
  • Script-FuとPython-Fuユーザーインターフェイスでベクトルをサポート
  • レイヤー/チャンネル/ベクトルの位置を取得するPDB関数を追加
  • ヘルプブラウザにコンテンツテーブルのサイドパンを追加
  • バグ修正とコード整理

Changes in GIMP 2.3.12
======================

  • 変形クローンツールを統合
  • スペースバーを使ってイメージビューをパンできるように
  • 「回転JPEG?」クエリダイアログでサムネイルを表示する
  • 画像プロパティダイアログにファイル情報を追加
  • 新しい選択ツールにさらなる作業を
  • ツール修飾キーが押された時には即座にフィードバックを返す
  • レンズ歪みプラグインを追加
  • PythonバインディングとPythonプラグインをI18N化
  • 内部メッセージ構造を改良し、ステータスバーの警告にこれを使う
  • libcurlベースのURLローダーバックエンドを追加
  • lcmsが利用可能なら、色管理されたCMYK色選択を作成
  • Script-Fuプロシージャの説明をI18N化
  • ユーザーインターフェイスを洗練化
  • バグ修正とコード整理

Changes in GIMP 2.3.11
======================

  • 新しいバージョンのglib、gtk+、pangoに依存するようになり、これらのライブラリの新機能を使うように
  • Ctrl-Pを印刷のためのデフォルトショートカットに
  • XCFファイルの読み込み/保存時にプログレスを表示
  • 16/32ビットマップとアルファチャンネルのサポートをBMPプラグインに追加
  • 可能であればCPUの数を検出
  • Script-Fu拡張のビルドを無効可能に
  • Pythonバインドとpygimpインターフェイスに多くの改良
  • プログレスウィンドウにメッセージダイアログを
  • ベクトルから選択領域を作るPDB APIを追加
  • ツールのステータスバーメッセージの改善
  • ByColorSelectとFuzzySelectツールを同じベースクラスから提供
  • 色による選択機能のより良い制御
  • 描画コードに小規模な最適化
  • ブラシ輪郭描画を共通のベースクラスGimpBrushToolに抽象化
  • サンプルポイントをXCFファイルに保存
  • 選択プロシージャに拡張PDB APIを追加
  • GdkPixbufからレイヤーを作成する補助APIをlibgimpに追加
  • 拡大縮小ツールの固定幅/高さの拡大縮小に中間点のハンドルを追加
  • 色スポイトツールがパレットエディタと一致する色を拾うようにする
  • グラデーションで前景色と背景色を使えるように
  • 新しいヒーリングツールの初期ドラフトを追加
  • スタンプツール機能を共通のベースクラスGimpSourceToolに抽象化
  • 新しい選択ツールの改良
  • 頻繁にGimpを起こさない
  • GimpHintBoxウィジェットをlibgimpwidgetに追加
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3 10
======================

  • 分解プラグインに登録色のサポートを追加
  • 整列ツールでガイドを整列可能にした
  • Script-FuでCSSカラーの記法を使えるようにした
  • 新しい選択ツールをさらに改良
  • フラクタル・エクスプローラをグレースケールで使えるようにして、プレビューも大きくした
  • 明度反転プラグインのスピードアップ
  • Shift-Ctrl-[ZY]を使う強力なアンドゥとリドゥ機能を追加した
  • 画像モードメニューにラジオアイテムを使用
  • デフォルトのアイコンセットにTangoスタイルを適用
  • カラーマップ操作のプラグインを追加
  • レイヤー、チャンネル、ベクター、カラーマップのダイアログにプラグインを登録できる
  • デスクトップリンクを開く、読み込むプラグインを追加
  • プリントプラグインを外して、新しいGTK+ Print APIに置き換える作業を開始
  • GimpFontSelectButtonに似たgimp_foo_select widgetsの後継を追加
  • いくつもの不適切な文字列を適切に変更
  • バグ修正とコード整理

Changes in GIMP 2.3.9
=====================

  • カーブツールの「スムーズ」カーブの、改良版を実装
  • 適切な値を取り出す「自動」ボタンを閾値ツールに追加
  • ユーザーインストールをシンプルに・・・エラーがある時にしかダイアログを表示しない
  • 赤目除去プラグインの追加
  • GIFロードプラグインにサムネイルローダーを追加
  • 多くのデータをconstとして宣言
  • PDBとプラグイン管理コードのリファクタリング
  • allow Merge to work on a single layer
  • 環境設定ダイアログから全てのキーボードショートカットを削除する方法を追加
  • 「テキストをパスに」「パスに沿ってテキスト配置」「テキストを選択領域に」項目をメニューに追加
  • 新規レイヤーマスクの初期化方法として任意の画像チャンネルが使えるようになる
  • クリップボードブラシとクリップボードパターンの追加
  • カラーパターンのソートスクリプトを追加
  • 長い間間違えられていた"dilate"と"erode"の意味を交換
  • 描画中にクローンツールの画像源を表示
  • GimpFileEntryでGtkFIleChooserButtonを使う
  • レイヤーの並び順を逆にするスクリプトを追加
  • パレットのインポートに「サンプル結合」と「選択したピクセルのみ」オプションを追加
  • パレットとカラーマップの選択アクションを追加
  • パッチインタプリタが使用する制御のための新しい環境変数
  • MMXコードを使えるプラグインがCPU検出にアクセスする方法を提供
  • 選択的ガウシアンぼかしプラグインのスピードアップ
  • ツールカーソルの改良、エッジリサイズのカーソルを追加
  • 新しい選択ツールの動作を改良
  • 環境設定ダイアログからgimprcの値をリセットできるように
  • 切り抜きツールにてオプションでガイド表示
  • バグ修正とコード整理

Changes in GIMP 2.3.8
=====================

  • モザイクプラグインに正三角形タイルを新しく追加
  • ガウシアンボカシプラグインのスピードアップ
  • プラグインから余計なプログレス更新を隠す
  • gimprcとsessionrcの初期値をいくつか変更(ウィンドウヒント、フルスクリーンモード)
  • マップで変換ツールにフォーカスを移さない
  • 拡大ツールをズームツールに名前変更して、足りなかったツールショートカットを追加
  • フィルターメニューに最近使ったプラグインのサブメニューを追加
  • コントラスト調整で使われていたルックアップテーブルの修正
  • 動画再生プラグインのユーザーインターフェイスを改良
  • ステータスバーに説明的メニューエントリーのためのフレームワークを追加
  • プロシージャとコアアクションに有益な説明を追加
  • Shiftが押されているときには水彩色選択から色を除去
  • PDBインターナルをGparamSpecとGValueに移植
  • SIOXツールのスピードアップとUIの改良
  • ベクトルのためのパラサイト取得と設定を追加
  • PSDの読み込みと保存プラグインを64bitクリーンにする
  • 文字の見直し
  • 楕円選択ツールを新しい矩形ツールに移植
  • PSD保存プラグインにレイヤーマスクのための基本的なサポートを追加
  • データをconstと宣言することによってリロケーションを避ける
  • 大きく、SVGの新規アプリケーションアイコン
  • フォントプレビューでハードコードされた"Aa"の代わりにスクリプト指定サンプルを用意
  • 全てのプラットホームでスクリーンショットプラグインをビルド
  • 可視レイヤーの統合のときに見えないレイヤーを無視するように
  • gimp-procedureal-db-dumpの出力を改良
  • バグ修正とコード整理

Changes in GIMP 2.3.7
=====================

  • GTK+ 2.8に依存、新機能をいくつか使用
  • GTK+ 2.6にあった問題点の代替策を削除
  • 可視レイヤーの整列を画像メニューに移動
  • 新しいベクトルPDB APIの追加開始
  • ドラッグ&ドロップでドックをアレンジできることをもっとわかりやすく
  • タブキーの動作の修正
  • --licenseコマンドラインオプションの追加
  • RGB->インデックス変換のディザマトリックスの改良
  • 全ペイント方法でストロークするためPDB API追加
  • プラグインのいくつかにもっとセンシブルな名前を命名
  • ブラシ/パターン/フォント/... ボタンポップアップの設定をセッション後にも維持
  • stringをstaticとして宣言することでメモリアロケートの量を減らした
  • プラグインプレビューウィジェットの改良
  • ユーザーマニュアルの重要なトピックへのリンクを追加
  • configureスクリプトにオプションの要約を表示させた
  • バグつぶしとコードの整理

Changes in GIMP 2.3.6
=====================

  • アプリケーションの起動をさらに早く
  • binrelocの意味付けによりLinuxでのバイナリリロケータブル性の向上
  • 説明問い合わせがあったときに説明をさらに詳しく
  • インデックス化されたドロアブルから色抽出する時にはカラーインデックスを選択
  • ディスプレイ間のウィンドウを移住可能にした
  • プラグインプレビューでマウスホイールを使ったスクロールと拡大縮小
  • ブラシ半径変更のためのキーボードショートカットを追加
  • 油彩化プラグインの改善
  • ワーププラグインのプレビューをリサイズ可能にする
  • 固定の画像元からクローンするためのアライメントモードを追加した
  • ペイントツールとペイントメソッドのコア/UIを完全に分割した
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.5
=====================

  • ペイントストロークに"揺らぎ"をオプション追加
  • パスにスナップを実装
  • 画像グリッドにアクセスするためのPDB APIを追加
  • キーボードショートカットエディタに簡単にアクセスできる
  • タイルキャッシュサイズとアンドゥ/リドゥに対する最適化を実装
  • バッファPDB API周りに手を入れた
  • 新しいズーム可能なプラグインプレビューのバグフィックス
  • SIOXアルゴリズムの最適化
  • ツールボックスメニューに、メニュー再生成を
  • 「レイヤーとして開く」をPDBのfile-load-layerとしてエクスポートした
  • カーブツールにキーボードコントロールを追加
  • PNGイメージ へ/から 埋め込まれたICCプロファイルを 読み込む/保存する
  • 暗い背景の時に、ツールアイコンの見え方を改善
  • パスの可視状態をget/setするPDB APIを追加
  • データエディタを、アクティブブラシ、パレット、グラデーションの後ろに(オプション)
  • 新しいトップレベル色メニューの再配置
  • データファイルのリロードをスピードアップ
  • クリップボードにデータファイルの位置をコピーできる
  • 環境設定でドキュメント履歴の保存を不可にすることができる
  • アプリケーション起動時に、少し高速化した
  • 複数フォームでngettextを使う
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.4
=====================

  • プラグインやスクリプトが<Brushes>, <Gradients>, <Palettes>, <Patterns>, <Fonts>メニューにメニューエントリを登録できるようにした
  • 選択をブラシ/パターンにするスクリプトを、クリップボートからのコンテンツを新規ブラシ/パターンにペーストするスクリプトに置き換えた
  • 全ての開いている画像を簡単に閉じれるようにした
  • libgnomeprintを使った、初バージョンの印刷プラグインを追加
  • 球面デザイナープラグインの改良
  • 合成プラグインの改良 ***
  • プラグインにズーム可能なプレビューウィジットを追加
  • パスのコピーとペーストをSVGとして行うよう改良
  • GTK+ 2.6で導入された新しいstock iconを使う
  • ズームイン/ズームアウトを数値キーの+/-キーを使ってできるようにした
  • ツールボックスの下にドック可能なドロップを簡単に行えるようにした
  • プラグインダイアログを呼び出されたウィンドウへ統合
  • 画像ウィンドウとプログレスウィンドウからハンドルを得られるPDB関数を追加
  • 名前を付けてバッファに、をPDBに
  • 空なコンテナビューでは、ポップアップメニューにさらに簡単にアクセス
  • 極座標プラグインにngettextを使用
  • スタンプツールに「サンプル結合色」を実装
  • さまざまなWin32フィックス
  • さらなるHIG準拠のためにキャピタライゼーションを修正
  • あらゆるダイアログでの「OK」ボタンラベルを説明的なものに変えた
  • 「Gimpについて」ダイアログをより情報豊かにする
  • locale設定からデフォルトの単位をとってくる
  • 色関連のツールとプラグインを、新しいトップレベルの色メニューに移動させた
  • 利用可能なら、gnomevfsプラグインがGNOMEユーザー識別マネージャを使うように
  • 切り抜きツールの再書き直し(作業中)
  • Postscriptインポートプラグインにページ選択を追加
  • 市松模様とαチャンネル閾値プラグインにプレビューを追加
  • PDBプロシージャとパラメータ名をより規準化する
  • 新しいパスツールカーソルを描いて、結合操作を追加した
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.3
=====================

  • 新しいGimpPageCelectorウィジットの改良
  • プロシージャとプラグインブラウザのマイナーな改良
  • いくつかの場所で欠けていたボタン順序を修正
  • 対象物抽出を行うSIOXアルゴリズムの追加
  • ほとんどのgcc 4.0警告をフィックス
  • カーソル表示とサンプルポイント機能の改良
  • レイヤーロックタイプのためのコードとUIの準備
  • libpopplerをベースとした新しいPDFインポートプラグインの追加
  • パレットエディタの改良と、カーソルナビゲーションの追加
  • 画像プロパティダイアログがより詳細に表示される
  • SIOX対象選択ツールのプロトタイプを追加
  • gcc 4.0でMMXコードのビルドを修正
  • プロシージャブラウザをGimpProcBrowserDialogとしてlibgimpwidgetに移動させた
  • PDBプロシージャとパラメータ名の規準化
  • 輝度計算の時にはsRGB specの係数を使う
  • レイヤーからアルファチャンネルを削除できるようにした
  • パスツールにもっと別のカーソルを追加
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.2
=====================

  • 起動時の「今日の助言」の翻訳の扱い方法をもっとスタンダードに
  • テキストツールのテキストエディタで選んだフォントを使えるように
  • HIG互換のためUIをいくつかマイナーチェンジ
  • デスクトップファイルのインストールに関するフレームワークに再度取り組んだ
  • 主にプラグインとスクリプトについて、メニューの再構成を始めた
  • RGB拡散とHSV拡散をRGBノイズとHSVノイズに名前変更
  • ドキュメント履歴をクリアできるようにした
  • ラプラスプラグインの結果を正規化しない (bug #306874)
  • フラクタルエクスプローラのGUIをGtkTreeViewに移植する
  • added an option to Motion Blur to blur outwards
  • 提案されたICC Profiles In X Specificationサポートを追加
  • 新しいGimpEnumLabelウィジットをlibgimpwidgetに追加
  • lcmsディスプレイフィルタモジュールが、使っているカラープロファイルに関する情報を表示するようにした
  • ブラシ輪郭の描画を改良
  • Win32におけるPython言語バインディングのビルドを修正
  • プラグインがユーザーのカラーマネジメント設定にアクセスできるようにした
  • 新しいウィジットGimpPageSelectorをlibgimpwidgetに追加した
  • デバッグメニューを再度有効に
  • JPEG画像から/に、ICCカラープロファイルを読み込み/保存できる
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.1
=====================

  • Gimpと他のアプリケーション間でSVGのコピー&ペーストを可能に
  • クリップボード操作のテストとデバッギングのためのユーティリティを追加
  • 新しいベクトルPDB APIにさらなる作業を
  • フルスクリーンモードで画像を表示している時に、スクリーンの端を有効にした
  • made file and color selection dialogs transient to their parent windows
  • プロシージャブラウザープラグインのブラウザウィジットをlibgimpwidgetに移動
  • プロシージャブラウザで、検索タイプを増やした
  • reduced size of the Colors dockable by moving the hex entry down
  • GimpClorAreaとGimpColorButtonにプロパティを追加
  • デフォルトでは RBG→インデックス変換時にディザを行わないように
  • ツールボックスでCtrl-Vを使うことで新規画像をペーストできる
  • ストロークオプションダイアログに破線プリセットのプレビューを表示
  • エスケープキーでスクリーンショットプラグインの画像選択をキャンセル
  • キャンバスをクリック&ドラッグすることで明るさ-コントラストツールの操作ができるように
  • ドックできる場所の改良
  • 新しい「揃え」ツールのファーストドラフト
  • libgimpuiのimageとdrawableのコンボボックスを実際のウィジットに変更
  • Pythonバインディングのさらなる改良
  • 視覚的な、ナイスDnDアイコン
  • ほとんどのドックの下部にあるボタンを隠せるように
  • libgimpuiのフォント選択を実際のウィジットに
  • BMPファイルでアルファチャンネル(RBGA)対応を追加
  • バグフィックスとコード整理

Changes in GIMP 2.3.0
=====================

  • added Recompose plug-in
  • GFigプラグインに矩形ツールを追加
  • パレットエディタのDnDを改良
  • JPEGプラグインのEXIF取り扱いを改良
  • 画像ディスプレイの自動スクロールを滑らかに
  • キャンバスの枠にスナップとパスにスナップを追加(まだ未実装)
  • モザイク、ピクセル化、きらめきプラグインにプレビューを追加
  • ランチョス補間方法を追加
  • ブラシとパレットダイアログに「画像として開く」のメニューエントリーを追加
  • GimpへのドロアブルのDnDの改良
  • 新しい矩形ツールのプロトタイプを追加
  • コアからlibgimpbaseへenmus等を移動
  • コアからlibgimpconfigへGimpConfig機能を移動
  • GimpEnumStoreとGimpEnumComboBoxをlibgimpwidgetへ移動
  • プロパティ閲覧に便利な生成子をlibgimpwidgetに移動
  • イメージマッププラグインをアクションベースのメニューに移植
  • カラーマネジメントに対する第一段階
  • コマンドライン解釈にGOptionContextを使う
  • URIプラグインのためにgonme-vfsバックエンドを追加
  • File-Chooserでリモートファイルにアクセスするためのコードを用意
  • 全てのダイアログをgtk-alternative-button-order設定に追従させた
  • 拡張されたGimpProgress PDB API
  • ファイル保存ダイアログでファイルタイプの取り扱いの改良
  • 閾値ピクセルプロセッサの復活と、これをデフォルトで有効に
  • いくつかの内部機能を並列化
  • グラデーションディザリングの高速化
  • PSDプラグインの改良
  • Pythonバインディングの改良
  • 画像ごとレイヤーをリサイズできるように
  • テキストツールで文字間隔を制御できるように
  • path-on-path関数を追加し、これを使ってパス上にテキストを実装
  • グラデーションエディタの改良
  • 文字列からパスの取り込みができるように
  • 全てのコードをgstdio欄パーに移植
  • カラーサンプルポイントのインフラを追加
  • メタデータ編集プラグインの初期ドラフトを追加
  • 覆い焼き合成機能の高速化
  • Altivecバージョンのコンポジット関数を追加
  • パレットの行数を制御するPDB APIを追加
  • 色相-彩度ツールで色相オーバーラップの制御が可能に
  • メニューブランチ登録のPDB APIを追加
  • 欠けていたニーモニックを追加
  • スクリーンショットプラグインの改良
  • Script-Fuのセレクタにブラシ/パターン/グラデーションをドラッグ可能に
  • XDSプロトコルをサポートしたファイルマネージャに画像をドラッグすることで保存が可能に
  • 色覚生涯ディスプレイフィルターの最適化
  • クリップボードのコンテンツを終了時にクリップボードマネージャに転送する
  • 情報ウィンドウ外のカーソル情報をドックへと移動
  • 情報ウィンドウに残っていたものを新しい画像プロパティダイアログへ移動した
  • gimp-consoleをデフォルトでビルド&インストールする
  • 画像データをGimpへDnDできるように
  • ツールの上体についての情報とヒントをステータスバーがさらに表示するように
  • --no-data機能の復活
  • ディスプレイの中央の代わりにカーソルの位置をズーム
  • ヘルプブラウザプラグインへのいくつか改良
  • .abrフォーマットでPSブラシを読み込み
  • 脱色で別のアルゴリズムを選べるように
  • Winiconプラグインにサムネイルローダーを追加
  • 入力コントローラの設定を改良
  • アクティブ画像ウィンドウにドッグウィンドウを作るオプションを追加
  • バグフィックスとコード整理

Diff Freeze Rename Backup   RSS of recent changes
Last-modified: (3977d)