Top > 回復の腕輪

[bracelet] 回復の腕輪/Bracelet of healing Edit

買値売値出現ダンジョン
こばみ掛軸裏食神祠フェイ
5000G2500G××

-回復の腕輪-
装備するとHPの回復がはやくなるぞ。
しかしそのあいだ
はらへりもはやいぞ。

  • ターン経過によるHPの自然回復量が上がり、1ターンでHPが5回復するようになる。
    • 通常状態の自然回復の分は加算されず無視される。
    • 最大HPが15でも250でも1ターンに回復する量は5。
  • 装備したそのターンから回復する。(次のターンからではない)
  • 満腹度の減少速度が2倍速になる。
    • 通常は10ターンで満腹度は1%減る。5ターンで1%減ったらこの腕輪だとわかる。
    • ハラヘリ2倍は皮甲の盾の能力で打ち消せる。
    • 重装の盾を装備するとハラヘリは4倍になる。両方ともに呪われていたら悲惨。
    • HPが満タンでも満腹度の減る速度は倍のまま。
    • SFCシレンにはハラヘリの腕輪(ハラペコの指輪)はないので、ハラヘリが速くなっていたらこれで確定。
  • 倍速状態の場合、シレンが1回行動するごとに回復が1回行われるため、実質1ターンにHPを10回復できる。
    • モンスターに変身しても効果は発揮されるため、倍速になる肉を食べればそのメリットを最大限得ることができる。
  • 鈍足状態の場合、シレンが1回行動するごとに回復が2回行われるため、1回行動するごとにHPを10回復できる。
  • ハラヘリが早くなるデメリットもあるが、非常に強力なアイテムである。
    • 削られたHPを素早く回復することで、常に万全な状態で敵と戦える。
    • HPが大きく減り危険な状態に陥っても、素早く回復することでその危険な時間帯を減らせる。
    • 1対1の戦闘ならダメージを5軽減するようなものなので、下手な盾より硬く感じることもある。
    • 最大HPに関係なくHPを5回復する関係上、序盤ほどメリットは大きい。ただし終盤でも十分に役に立つ。
    • HPを犠牲にしてダメージを与える道具である痛み分けの杖バトルカウンターとの相性が良い。
    • HPは敵を倒すための消耗品の一つ。その回復が早まるというのは、敵を倒すための消耗品が多くなるということだから、これはもう直接の戦力アップである。
  • 1ターンにHPが大きく減るような場面より、継続して小ダメージを受けるような場面で特に有効。
    • 上記のとおりHP減少状態でも回復できるので、きり仙人系のへんな呪文対策に有効。よほど連続でへんな呪文を受けない限り、HP減少状態による死亡の危険はなくなると言ってよい。
    • デブートンの対策にもなる。しかしまともに耐えるにはやはりある程度の盾の強さは必要。
    • キグニ族の種を飲んでしまったり、モンスターが接近中に睡眠状態になってしまっても、これを装備していれば生き残れる確率が上がる。
  • 満腹度の減りが早くなるので、皮甲の盾と併用するかおにぎりを十分確保した上で使うといい。
    • HPが満タン付近になったら腕輪を外すか他の腕輪に付け替えるようにすれば、ハラヘリも少なくてすむ。
    • 皮甲の盾と同時装備すれば、満腹度の減り具合が通常になって使いやすくなる。
  • 全快する時には回復の腕輪を装備して回復したほうがハラヘリは少なくてすむ。
    • 普通のHP回復では150ターンで全快。回復の腕輪を装備していると (最大HP)/5 ターンで全快。
      HP250の場合を考えても、
    • HPが少ないほど全快するのに必要な満腹度を減らせる。
  • 新陳代謝を早めることで回復力が上がっているらしい。(風来のシレン2の回復の腕輪の説明文より)

コメント Edit

Show recent 10 comments. Go to the comment page.

Comment: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Freeze Diff Rename Backup  
Last-modified: (115d)