Top > 鋼鉄のシレン


*鋼鉄のシレン(鋼鉄の素手) [#da214c45]
壺の出し入れをしたターンにおにぎり状態(もしくはガイコツまじん、ガイコツまおう(ブフー)による変身状態)になると、変身中なのに1回だけアイテムを使えてしまう。
そのときに武器や盾の着脱をすると、変身状態以前の剣・盾の強さそのままの状態で装備が着脱されてしまう。
おにぎり状態化の能力とゲイズ系の能力を同じターンに受け、ゲイズの催眠術の効果で武器か盾を選択させられたときにも起こる。

これを利用すると、シレンの攻撃力・防御力を最大255に変化させる事ができる恐るべきバグ技。
ただし、攻撃力に関しては、「ちから+剣の強さ」が256以上になるとオーバーフローを起こすため
逆に与えるダメージが乏しく低くなってしまうこともある。

このバグでシレンが異様な攻撃力・防御力を得られることから、「鋼鉄のシレン」と呼ばれるようになった。
ぼうれい武者で妖怪にぎり親方を発生させれば、比較的低層からこのバグを起こせてしまう。
SFC風来のシレンにおいて、永久倍速と並ぶほどの最強バグ技と言えよう。
***例1 [#o897bc9c]
武器を装備していない状況で変身しているときにつるはしを装備しても、「剣の強さ」は0のままである。
その後変身を解くと、つるはしを装備した状態であるにもかかわらず攻撃力は0という状態になる。
ここで攻撃力1のつるはしを外せば「0-1=-1」で攻撃力は-1という計算だが、実際には「256-1=255」というように0は256とみなされ、つるはしを外すと「剣の強さ」が''255''になってしまう。
武器を装備していない状況で上記の方法を用いおにぎり状態になる。この状態でつるはしを装備すると、本来「剣の強さ」は1になるべきだが、0のままである。その後変身を解いても変わらず剣の強さは0という状態が維持される。ここで攻撃力1のつるはしを外せば、本来剣の強さは「0-1=-1」という計算だが、実際には「256-1=255」になる。これは0が256とみなされるためである。なお、ダメージ計算式にある通り、剣の強さ+ちからが256を超えると攻撃力はオーバーフローを起こす。実際の攻撃力は「ちから+剣の強さ-256」に依存する。
同じようなことは盾でも可能。

***例2 [#kfbeb90d]
ラセン風魔の盾を装備している状況で変身しているときに盾を外しても、「盾の強さ」は30のままである。
再度ラセン風魔の盾を装備すると、「盾の強さ」は60になる。

**対処法 [#j75ae2e9]
妖怪にぎり元締やガイコツまじんに隣接している時に、壺の出し入れを行わない。

バグが発動してしまった場合、逆の行為をする、もしくは渓谷の宿場に戻れば「剣の強さ」や「盾の強さ」は正常になる。

***例 [#h5e59bab]
変身したときに素手からどうたぬきに切り替えると、素手での「剣の強さ」が248になるが、
再度変身したときにどうたぬきから素手に切り替えると、素手での「剣の強さ」が0になる。
つまり正常になる。

*コメント [#od80c985]
#pcomment(reply,noname)
----

Backup